8章 Patlic

パトリックがホテルの部屋に戻ると、アンがシャワーを浴びて出てきたところだった。パトリックは、はぁ~ とため息をつきながら、ソファにドサリと座り込んだ。

「どうしたの?大きなため息なんかついて。例のダンサーには会えたの?」

8章 Patlic

2人はスタジオを出て少し歩くと、こぢんまりとしたバーへ入った。パトリックはビールを2つオーダーし、奥のテーブル席につくと、エドを冷ややかに一瞥した。

「エド、どういうつもりだ?ローラはお前に婚約者がいると言っていたが」

8章 Patlic

着替えを済ませ、スタジオに入ると十数名のダンサーが思い思いにウォーミングアップをしていた。

(……知った顔は、いないな)

パトリックはスタジオの中をぐるりと見回すと、床に座って身体をほぐし始めた。しばらくすると ...

8章 Patlic

ニューヨーク公演3日目の夕方、パトリックは仲間のダンサー3人とラナのテラス席にいた。今日は出番もなく代役として控える必要も無い、オフのダンサーたちだ。

「昨日の舞台は大成功だったな」

「ああ、本当に。お前が彼女 ...

7章 Traces

11月になって間もなくのことだった。その日、夜10時近くまで仕事をしていたエドがオフィスを出ると、携帯がコールした。ケニーだ。

「おい、今どこだ?」

「オフィスを出たところだよ」

「そうか。疲れてる ...

7章 Traces

2人は、その足で数ブロック離れたBDSのスタジオへ向かった。バタバタと2人が入って来ると、受付のアビーが

「あら、お二人さん、忘れ物?」と、明るく声をかけた。

「いや違うよ。ちょっと聞きたい事があって……」

7章 Traces

土曜の昼下がり、BDSのクラスを終えたエドとケニーは、いつものようにラナに入った。

「この間の夜、タイムズスクエアの近くで、彼女を見かけた」

エドがバッグを床に置きながら言った。

「えっ、見かけたっ ...

6章 Wish I could

きらびやかなネオンに照らし出された通りを駅へ向かいながら、サラがぽつりと言った。

「きっと、彼女にとってあなたは永遠の存在だわ」

その言葉にエドは、不思議そうな顔をした。

サラはクスリと笑うと

6章 Wish I could

「エド……?私の顔に、何か……?」
サラは、エドの視線に戸惑いながら(なんとなく、マズイ展開だわね)と思った。

「サラ、僕は君を……」
エドが迷いながらそう言いかけると、サラは、彼が何を言おうとしているのか ...

6章 Wish I could

木曜の夜、エドはSTEP IN のクラスを終えてスタジオを出ると、地下鉄の駅へ向かった。

レイの手がかりをつかもうとして通い始めたクラスだったが、もう習慣のようになっていた。最初のうちは、クラシックのクラスに入るだけで彼女 ...