11章 ノエル

乾杯が終わると、皆、思い思いに談笑したり用意された料理や飲み物を楽しみ始めた。レイとエドもツリーの下に包みを置くと、皆と楽しげに話しをしたりしている。普段とは違ってフォーマルな雰囲気なので、いつもはふざけている彼らも少しばかり立ち居振 ...

11章 ノエル

招待客の殆どがそろった頃、アトリエから店へ降りてきたジェイが
「レイ、エドは?」と聞いた。
「ぎりぎり間に合うって言っていたから、そろそろ来るんじゃないかしら?遅れるなら連絡があるはずだから」
「大丈夫かしら? ...

11章 ノエル

「今日は、午後のレッスンで終わりね」
「そうね。終ったら、さっさと片付けて店に行かなくちゃ」
カフェで昼食を済ませたレイと千夏が、今夜のパーティーについて話しながら、オフィスに戻って来た。

「始まるのは8時 ...

11章 ノエル

3時を少し過ぎた頃、千夏が息を切らせながらカフェに入ってきた。

「ゴメン、ゴメン。ちょっと出遅れちゃって」
そう言って席に座ると、やって来たウェイターにカプチーノを注文した。

「で、何なのよジェイ。外の ...

11章 ノエル

11月も半ば、色づいた街路樹の殆どは舞い落ち、秋も終わり冬がそこまでやって来ていることを告げていた。土曜の午後、レイはジェイと2人、カフェの窓際に座っていた。

「へえ、そんなことがあったの」
ジェイが驚いて言った。 ...

10章 安紗美

エドは、マンションのエントランスまで来ると、鍵を使わずに部屋の番号を押した。
「レイ、戻ったよ」
『お帰りなさい。今、開けるわ』インターホン越しにレイの声が答えた。
間もなく、入り口の自動ドアが、静かに開いた。 ...

10章 安紗美

あの日以来、レイは度々安紗美の視線を感じる事になった。金曜の夜、レッスンを終えたレイが帰り支度をしながら
「もう、困るのよね、本当に」とため息まじりに言った。
「立川のこと?」
「そう」
「何かあったの ...

10章 安紗美

翌日、近くのカフェで昼食を終えたレイと千夏が会社に戻ると、エントランスに安紗美の姿があった。

安紗美はレイに近づくと、いきなり
「嶋田さんと付き合ってるって、本当なんですか?」と聞いた。

レイが突然の事 ...

10章 安紗美

開発部オフィスの3階は、半分が社員達のためのリラックスコーナーになっていた。ウォーターサーバーやコーヒーなどが常備されたそこは、窓際がカウンターになっており、フロアにはいくつかのテーブルが設置されていた。

総務部の2人は、 ...

コラム

バレエを始めるときに必要になる物のうち、最初に用意したいのがバレエシューズです。「バレエと言えばトゥシューズ」というイメージがあるかもしれませんが、トゥシューズは初心者の間は履くことができません。

どれくらいしたらトゥシュ ...